顎関節症治療の虚像:かみ合わせ

顎関節症は顎の姿勢を直す事により治療できます。これに触れていない施設では、治療できません。

左図はかみ合わせが悪いと顎の関節を中心にさまざまな症状が発生することを示した模式図です。 もともと顎関節症という病名はありませんでした。 従って、症状を含めて定義は、あいまいなところがあります。私の経験では、 顎関節症と言う言葉のなかった時代から、この病因(原因)は殆ど不正咬合ですが(不正咬合という定義は難しい)、あえてその他の原因を入れて次の4つが主たるものです。

不正咬合
ストレス
悪習慣
精神身体症

これ以外にも個々の例はありますが(自律神経失調症、精神・神経症、更年期障害、脊椎・骨盤のゆがみ)、症例僅かです。

本質的治療法
原因が上記のようであれば、それに対処するような事が必要で(原因療法)、それが治療の本質となりますが、よく見聞きする治療は対症療法が多すぎます。対症療法は治療始めには必要ですが、本質的には原因療法が重要なのです。 以下は対症療法です。

スプリント療法は初めだけ
プラスチック、硬いビニール等で歯にカバーをするものです。 一時的に症状が良くはなりますが原因そのものを治療しているわけではないので、完治には至りません。当院でも始めに苦痛を回避する目的で使用する事はありますが、決して長期間、継続することはありませんし、治スプリントだけでは治るものではありません。 長期間の使用は患者さん自身に大きな負担になります。症例によっては、症状が悪化するタイプがあります。長期間のスプリント治療で高額治療費の施設は顎関節症を治療できません。

薬物療法(鎮痛剤、筋弛緩薬、消炎鎮痛剤など)
痛みを取ったり、筋肉の緊張をほぐしてくれますが、あくまでも一時的で長期間服用はできません。

その他の精神薬
多くは必要としません。
歯の削合だけで治療できない事が多い

不正咬合が存在するのに、歯並びの矯正治療などを行わず、 多くの歯科医は診断と治療が 出来ないため歯を少し削る治療しようとします。しかしながら、それは一時的に良くなっても根本原因の不正咬合を治さない限りまた再発します。
ほんの僅かな不正咬合でも、症状が強い顎関節症になることがあります。不正咬合の程度が軽いためか、正確な診断をしてもらえずに(軽度の咬み合わせの異常を発見できない)、治療を受けても無駄だったと言う例が少なくありません。私の経験では不正咬合の診断に沿った治療をすることで症状が軽減するケースが殆どです。 要するに顎関節症の原因は不正咬合が大半であるということです。
下顎の姿勢を正す

下顎の位置つまり下顎の姿勢を直すことに触れていない歯科医には、絶対に治療できないことを銘記してください。

PMTCの利用で、普通のハブラシを利用した歯のブラッシングでは完全に落とせない色素沈着や、歯石の他の付着したカス、ヤニなどを驚くほど排除します。
審美歯科の治療で汎用的なセラミックを使う場合にはつぎ歯の付け替え等が使用法としてありますが、歯の詰物などにも一般的にセラミックを応用することが可能です。
始めに、ハミガキ粉を使わずに丁寧に歯をみがく方法を実践できるようになってから、最後の仕上げの時にちょっとだけ歯磨き用の洗浄剤を使用するとしっかり歯磨きができるようになるでしょう。
歯の表層を少しだけ削って白く見せる作用をする研磨剤の入った歯みがき剤はどちらかと言えばマイナスの作用といえますが、再び歯が石灰化することを助けるのは貴重な効能です。
長年歯を使用し続けていると、表層のエナメル質は密かに磨り減ってしまって弱くなるため、なかにある象牙質自体の色味がだんだん透けてきます。


例えば噛み合わせの相談のなかでも前歯が頻繁に衝突してしまう症例では、歯を噛み合わせるたびに強いショックが上顎の骨の前部や鼻の骨に直接集中してきます。
虫歯にならないためには歯みがきのみでは困難で、大事なのは虫歯を起こす原因菌の消去と虫歯の病態の深刻化を阻止するという2つの要素になるのです。
ムシ歯の根源はミュータンス菌として研究されている原因となる菌による汚染なのです。一旦口腔内にムシ歯菌が発生したら、それをすべて取り去るのは大変難度が高いのです。
歯肉炎ができてしまうと、歯ブラシでのブラッシングの時、林檎などをかんだ時、歯グキから血が出たり、歯ぐきが無性にむずむずするというような問題が起こります。
今では幅広い世代の人に認められることになったキシリトールの入ったガムの作用による虫歯予防策も、こういう研究の成果から、築き上げられたものと言えます。


綺麗で美しい歯を手に入れたい人はそつなく美容歯科に定評のある歯科を利用してみてください。優秀な美容外科では初診から完治まで万全な療治を成してくれると思われます。
残念ながら日本は予防については後進国と言われており、欧米人に比べたら実は日本人の歯の使用期間は短くなっていく一方です。元から歯に限らず予防全般に対して問題意識が異なるのだと思われます。
もしも歯冠継続歯の根幹が崩れてしまったらそれは歯根破折という状態ですが、もう使用できない状態です。その大半の場面では、抜歯治療しかない事になってしまうのです。
歯と歯の噛み合わせの悪さは口を開けると痛む顎関節症の要因の一部ではあるとされていますが、それとは違う誘発事項が存在すると認識されるようになってきたのです。
口腔外科という所はムシ歯や歯槽膿漏あるいは入れ歯等の治療ばかりでなく、口の中でできる種々雑多な症状に対応できる歯科診療科の一つです。

恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防については後進国と言われており、欧米人と比較しても、日本人の歯の使用期間は縮まる一方です。初めから病気予防全般に取り組んでいる思想が異なるからだと考えられています。
プラークコントロールと言えば、歯ブラシでの歯みがきを思いだすことの方が大多数だという感想をもっていますが、実際はそれだけではなく色んなプラークコントロールの活躍が存在すると言われています。
歯を半永久的に持続するには、PMTCはすごく大切で、この方法が歯の施術の後の状態をこの先も保てるかどうかに、大きく関わってくることも真実です。
今や幅広く知られている、例のキシリトールを含有するガムの効用によるむし歯の予防も、こういった研究結果から、誕生したと言う事ができます。
口腔外科というのは、歯槽膿漏や虫歯更には義歯等の治療だけにとどまらず、口内で発症してしまう色々な異常に応じた歯科診療科の一つなのです。

長きにわたって歯を使用すると、表面のエナメル質は知らず知らずに磨り減ってしまって脆くなってしまうため、中に存在する象牙質の持つ色がちょっとずつ目立ってきます。
今までの入れ歯の悪い点をインプラント設置の入れ歯がカバーします。ピタッと付き、お手入れの楽な磁力を採用した様式も作れます。
エムドゲイン誘導剤を歯周外科の処置中に患部に塗布すると、初めて歯が生えてきたような状態と等しく、強くフィットする歯周再生の活性化が叶います。
虫歯に端を発する知覚過敏は、虫歯がずい分病状が進行していると察せられ、ずきずきとした痛みも引き続きますが、そうではない際は、その場だけの訴えで落着するでしょう。
ムシ歯のきっかけは、ミュータンス菌という名前の大元の菌の感染によるものです。一旦口内にムシ歯菌が移ってしまったら、それを完璧に取り去る事はことさら困難な事なのです

美しく清らかな歯並びを手に入れたい人は、上手く美容歯科医院を駆使するのが良いでしょう。確かな美容歯科では、総合的な観点からの診察を実行してくれるものです。
口角炎の原因のなかでも特別移りやすいシチュエーションは、親子間の接触感染でしょう。当然、親の子への愛情があって、いつも近い状態にあるのが一番の原因です。
甘い物等を摂取しすぎたり、歯磨きを軽視すると、歯周病を招く菌がはびこり、プラークが増殖し、ついに歯肉炎を起こしてしまうと言われています。
職業に関わらず全ての社会人に向かっても当てはまることですが歯科医院に勤務する歯科衛生士のような医療業界に所属している人は、とても勤務中の身嗜みに神経を使わなければならないのです。
歯垢のことを一体あなたはどの程度知っていますか?テレビやCM等で繰り返し放送されるので、初耳の言葉、などという事は滅多にないのではないかと想像しています。